公開日: 更新日:

ホワイトニング出来ない歯があるって知ってた?

ホワイトニング出来ない歯があるって知ってた?

ホワイトニングが出来ない歯

現在、歯医者で行うホワイトニング以外にも市販の歯磨き粉による歯磨きでも歯が白くなるなどホワイトニングが日本でも普及しつつあります。

そんな手軽に歯が白くなる現状があるホワイトニングですが、残念ながら全ての歯が白くなるというわけではありません。

歯の状況によってはホワイトニングが出来ない歯も存在します

歯医者によるオフィスホワイトニングではホワイトニング前に歯の診断があるので、このようにホワイトニングが出来ない歯がある事を告げられますが、問題なのは自分で歯を白くしようと考えた時にいくら白くならない歯に時間とお金をかけても無駄になるということです。

そのような残念な結果にならない為にも、ホワイトニング出来ないを理解してください。

神経が死んでいる歯

ハリセンボン箕輪はるかの神経を抜いた歯
神経が死んでいる歯は栄養が行き渡らなくなるので茶色っぽく変色していきます。

芸能人の方で言えば、ハリセンボンの箕輪はるかさんの前歯は神経が死んでいる歯の典型例になります。

⇒ 箕輪はるかの前歯が生き返った方法(現在と昔の比較写真アリ)

これが気になりホワイトニングによって白くしたいという人がいますが、神経が死んだ歯に通常のホワイトニングの効果はほとんどありません

ホワイトニングは、薬液(過酸化水素、過酸化水素)を歯に染み込ませて歯の着色成分を分解させるものですが、神経が死んでいると薬液の成分が歯に浸透していかない為にホワイトニングが効いてくれません。

しかし、ホワイトニングによって歯を白くできなくても、今度は神経が死んだ歯用に歯を白くする薬液も存在します。

ウォーキングブリーチ法と言われる施術になり、歯の裏側に穴を開けて薬液を浸透させていく方法です。

実は私の前歯は神経が死んでいて茶色がかって一本だけ浮いていましたが。この方法でかなり周囲の歯に溶け込みました。

⇒ 私のホワイトニングの記録

歯の根元の法は茶色がかっていますが、それでも大きくイーっとやらなければ見えません。

ただ、ウォーキングブリーチ法にはデメリットもあって、かなり歯が弱くなります。

歯って竹のようにうっすら縦にデコボコの線が入っていますが、神経を抜いた歯にウォーキングブリーチ法を施すと、このデコボコからパカッと割れてしまいやすくなります。

私も固いもの(せんべいやスルメイカ)を食べるときには細心の注意を払うようにしています。

詰め物の歯

もちろんですが、銀歯などの詰め物はホワイトニング出来ません

ホワイトニング剤は生きている歯にしか効果を示しません。

同様の理由で、差し歯や入れ歯もホワイトニング出来ません。

どうしてもホワイトニングによって白い歯を手に入れたい方は、詰め物をホワイトニングした歯の色に取り替える方法が一般的です。

芸能人などが利用する方法ですが、人口で作った歯を貼ったりくっつけたりして歯の色や形を整えていきます。

価格はかなり高額になりますが、一発で綺麗な歯を手に入れることができます。

ホワイトニング自体行えない人

そもそもホワイトニング自体行えない人もいます。

それは妊娠の人や無カタラーゼ症といって、生まれつき過酸化水素を分解する酵素を持っていない人もホワイトニングは行えません

あと虫歯をお持ちの方はどこの歯医者さんでも虫歯を治してからホワイトニングへと移ります。

これは虫歯の際に使われる詰め物の成分とホワイトニングの成分が喧嘩してしまって、詰め物が取れやすくなってしまうためです。

ホワイトニング前に一度、歯医者さんと相談して、安全にホワイトニングをしてください。

ホワイトニングできない歯まとめ

せっかく決心して歯医者さんに行ったのに、自分の歯はホワイトニングできないなんて悲しすぎます。

そんな無駄足を防ぐためにも、まずは自分の歯がホワイトニングできる歯なのかどうか確認してから歯医者さんに行くようにしましょう。

また、上記で紹介したホワイトニングできない歯ですが、最近では薄いセラミックで覆ってしまう方法もでてきました。

価格は1歯2~3万円と少々高いですが、それでもコンプレックスが解消できるのであれば検討してみてもよいでしょう。

芸能人なんかも行っているルミネアーズという方法になります。