公開日: 更新日:

歯のホワイトニングって痛いの?

歯のホワイトニングって痛いの?

ホワイトニングで使用する薬液

一般的にオフィスホワイトニング(歯医者さんによるホワイトニング)では刺激の強い過酸化水素を使用し、ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)では刺激の低い過酸化尿素という薬液を使用します。

オフィスホワイトニングでその濃度は30%~35%と言われています。

このように濃度の高い過酸化水素はホワイトニング効果も高いですが、一方で刺激が強いので知覚過敏を起こすリスクも高くなります
知覚過敏用のケアグッズなどもありますので、上手くリスクと付き合っていくことが大切になります。

その点、ホームホワイトニングは過酸化水素よりも刺激の低い過酸化尿素という薬液を使用します。

だいたいその濃度は10%くらいと言われていて、唾液と体温によって3.6%程度になると言われています。

ホワイトニング直後の歯の状態

過酸化水素、過酸化尿素どちらを使用してもホワイトニング直後は歯に薬液が染み込んでいる最中なので、歯があらゆることに敏感になります。

私はホームホワイトニングの経験者ですが、マウスピースに薬液を付けて寝て、朝に激痛で起きた事もあります。
⇒ ホームホワイトニング3日目(※画像あり)

この敏感な時に着色料の多い食べ物や飲み物を口に含んでしまうと、その着色料の影響を受けて歯が変色してしまいます。

どちらの場合も歯に染み込んだ状態は時間が経つにつれ元に戻ります。

歯のホワイトニング痛みまとめ

ホワイトニングは消毒液と同じ成分の薬液を歯に染み込ませて、有機性の着色成分を分解・漂白するというのが基本的仕組みです。

この薬液の濃度を濃くすると単純にホワイトニングの効きも高く、薄くすると低くなります。
芸能人なんかはかなり強めの薬液でホワイトニングを行っていますね。

梅宮アンナさんなんかも、刺激の強いホワイトニングを行っている方でホワイトニングの痛みについてテレビで語っていました。

最近では、歯医者さんで行うホワイトニング以外にも、ホワイトニング効果のある歯磨き粉なんかで自宅で自分で手軽に行うホワイトニングも普及していますね

お仕事の都合で時間の制限のある方なんかは、自宅でのホワイトニングをおすすめします^^
管理人おすすめホワイトニンググッズ
オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングとも歯の漂泊の為に劇薬を使うのでどうしても歯や歯茎に負担がかかります。

また、ホワイトニングで歯医者さんに通うのはおっくうだと感じる方もいらっしゃるかと思います。

そのような方におすすめなのは、自宅で簡単に本格的なホワイトニングができちゃうホワイトニングテープがおすすめです。

ホワイトニングニングテープは、寝る前に30分だけ歯に専用のシートを貼るだけで歯が白くなります
価格も1セット2,000円とリーズナブルなのも嬉しいです。

手軽に、そして本格的にホ歯を白くしたい方むけの商品です^^
興味のある方はご検討ください♫

⇒ ホワイトニングテープ購入ページ(最安値)