公開日: 更新日:

歯が変色する食べ物(※対策あり)

歯が変色する食べ物(※対策あり)

歯が変色する原因

誰もが芸能人のような真っ白い歯に憧れる事だと思います。

その為にホワイトニングや歯磨きをされている事だと思いますが、そもそもな話しあなたの歯が変色している原因ってご存知でしょうか?

歯が変色している原因は人それぞれです。

  • 幼少期の薬治療による変色
  • タバコのヤニによる変色
  • 食べ物による変色

など、アナタの歯が変色している原因はさまざま考えられます。

大切なのは歯が変色する原因を知り、対策を立てる事です。

歯が変色する食べ物

私達は食べ物や飲み物を口に含んで栄養を摂取していますので、それによる歯の変色は防ぎようがないものでもあります。

しかし、原因と対策の観点から言えば、歯を変色させやすい食べ物を知り、控えるまたはホワイトニング直後は控える(ホワイトニング直後は歯が敏感になっていますので歯が変色しやすい)などの対策が考えられますよね。

⇒ ホワイトニングで逆に歯が黄ばむ理由

ではどのような食べ物または飲み物で歯が変色しやすいかと言うと下記になります。

  • 着色料を含んだ食品
  • クエン酸を含んだ食品
  • 色が濃い食品

一つづつ具体的な食品も紹介してご説明します。

着色料を含んだ食品

歯が黄ばむ代表的なものとして、着色料を含んだ食品があげられます。

着色料とは、食品に色味を付ける為に混合されている添加物になります。

ちなみに現在の添加物は、厚生労働省の基準により製造されています。

着色料を含んだ代表的な食品は以下になります。

  • 清涼飲料水
  • お菓子
  • しょう油
  • 漬物
  • つくだ煮
  • チューインガム

クエン酸を含んだ食品

クエン酸とは、食品に含まれる酸味、すっぱいを感じさせる成分で、適度な摂取で疲労回復や美容効果も促進できる栄養素です。

クエン酸は歯の表面を覆っているエナメル質を溶かす働きがあるため、どんな食品を口に入れても歯に色が付きやすくなってしまいます

クエン酸を含んだ食品を口に入れた際には、なるべく早く歯磨きを行いましょう。

クエン酸を含んだ代表的な食品は以下になります。

  • 梅干し
  • レモン
  • オレンジ
  • 清涼飲料水
  • お菓子

色が濃い食品

色が濃い食品とは、文字通り透明色ではなく色味がはっきりとした食品になります。

色が濃い食品は、味も濃い特徴がありますが歯にも色が付きやすくなります。

色が濃い代表的な食品は以下です。

  • コーヒー
  • カレー
  • スパゲッティ
  • 赤ワイン
  • チョコレート

歯の変色対策

歯磨き

やっぱり何をおいても歯を磨く事が綺麗な歯を手に入れる為には必須条件になります。

特に上記であげた歯を変色させやすい食べ物を食べたあとは、なるべく早く歯を磨く事をオススメします。

それは歯に色が浸透する前に歯磨きによってそれを防ぐ為です。

水をこまめに飲む

歯を変色させる食べ物は身近な所にたくさんあることはご紹介しました。

それらと一緒に水を飲む事で歯の変色を防いでくれます。

水には酸を中和してくれる役目があります。

水は美容面でも活躍してくれるし、これからはお食事のお供には水がオススメです。

リンゴ酸は歯を白くしてくれる

クエン酸が歯を変色させてしまうことはご紹介していますが、リンゴなどに含まれるリンゴ酸は歯を白くしてくれる効果が期待できる食品になります

リンゴ酸は歯についた汚れを分解、除去してくれる作用があります。

《主なリンゴ酸の効用》

  • 歯を白くしてくれる
  • 疲労回復
  • 血糖値を下げる
  • 食欲増進

リンゴ酸が含まれる主な食べ物としては以下の様な食品があります。

  • リンゴ
  • パパイヤ
  • ナツメ
  • トマト
  • いちご

健康的なピンク色の歯茎にはビタミンC

歯と一緒に考えたいのが歯茎です。

いくら歯が白くても歯茎が黒ずんでいては、せっかくの白い歯が台無しです。

また、歯は、歯茎の上に顔を出している部分の長さの約3倍、歯茎の中に深く根を下ろしています。

その歯を取り囲んでいるのが歯茎になります。

そして美しい歯を際立たせるのが健康的なピンク色の歯茎になりますが、それにはりんごに含まれているビタミンCです。

というより、実はリンゴ自体にはビタミンCはそれほどふくまれておらず1個あたり4mg程度になります。

ただ、りんごの成分は体内の血液中のビタミンC含有量が約34%も向上するという結果がでており、結果的に身体のビタミンC摂取にリンゴが効果的とされています。

風邪をひいてビタミンCが不足すると口内炎ができたり、歯茎も赤くブヨブヨで不透明になりませんか?

ビタミンCで歯茎が引き締まると口角がキュッと上がった笑顔ができるようになります。

最近では芸能人の方が人工的に歯を白くする人が増えてきましたが、歯茎の色がくすんでいたり、赤くはれていたりすると健康的な口元には見えないから不思議です。

朝食やおやつにはヨーグルト

口内を浄化してくれるものの代表格としては、ヨーグルトがあります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が歯周病を予防し、口内環境を正常に保ってくれます。

またヨーグルトには、免疫力をアップさせたり、腸や胃に働きかけたり、骨を丈夫にしたりする効果もありますから、しっかり食べて体内に取り込むようにしましょう。

また、ヨーグルトは歯の主成分であるカルシウムを補ってくれます。

歯に良いリンゴとヨーグルトを一緒に食べると最強ですね。

歯が変色する食べ物まとめ

歯が変色する食べ物をご紹介しましたが、これを食べないようにするのは現代社会で生きている限り厳しいです。

人は加齢とともに歯が変色するのは自然の摂理です。

なので歯が変色する食べ物を制限するのではなく、歯を白くする努力(対策)に励む方が建設的ですね。

一番手っ取り早くて効果があるのは歯磨きになりますので、歯を変色させる食品を口に含んだら出来る限り早く歯磨きすることをおすすめします。

今は一昔前に比べてホワイトニング効果の高い歯磨き粉もたくさんでていますので、まずは自宅でのホワイトニングに励んで白い歯を目指しましょう。

まとめ

歯が変色する食品と歯が白くなる食品をご紹介しました。

それらの食品を意識して制限したり、摂取する事で歯に汚れが付きにくくなります。

また、全ての食品を制限することは不可能ですので、食事後にはなるべく早く歯磨きをすることをおすすめします。