知らないとヤバイ!子供のホワイトニングにおける危険性

子供がホワイトニングをする際の注意点

※ここで言う子供とは乳歯から永久歯に生え変わったばかりの10歳~12歳までを言っています。

一般にホワイトニングと言われてるものの中に、歯医者さんで刺激の強い劇薬(過酸化水素)を歯に染み込ませて歯を白くするオフィスホワイトニングと、自宅で自分専用のマウスピースにオフィスホワイトニングより刺激の少ない薬液(過酸化尿素)を歯に染みこませて歯を白くしていくホームホワイトニングがあげられます。

この薬液を使って歯を白くするホワイトニングはどちらも刺激を伴います。

大人であっても使い方によっては知覚過敏になってしまうほどの刺激になります。

一概に子供のホワイトニングは危険というわけではなく、当然ですが乳歯から永久歯に歯が生え変わるタイミングというのは人それぞれです。

なので、ホワイトニングをする際は歯医者さんとその乳歯から生え変わったタイミングも伝えて行う方が安全です。

子供に安全なホワイトニング

短期間で子供の歯を白くしたいなら歯医者さんと相談することが必須になりますが、少し時間はかかりますが市販されている歯磨き粉タイプのホワイトニング剤を使えば刺激を少なく歯を白くすることもできます。

オススメはCMなどで取り上げらているホワイトニングテープですね。自宅で手軽に本格的なホワイトニングができると、大人にもおすすめの商品です。

この他に、歯に白いセラミックを被せるホワイトニング手法であるルミネアーズもあります。

これは薬液を使わない芸能人などが使用しているホワイトニングで真っ白い歯にすることができますが、費用もそれなりに高額になります。

しかしこれも子供の歯の成長にもよるところがあるので、歯医者さんに相談する必要はあります。

お子さんの歯を白くして今後の活躍に期待したいのが親心ですが、一番大切なのはお子さんの体ですよね。

歯医者さん、お子さんとよく相談してホワイトニングの仕方を決めてください。
管理人おすすめホワイトニンググッズ
ホワイトニングにはある程度の費用と時間が必要になります。

またホワイトニングによって知覚過敏になってしまったり食事制限が必要だったりと普段の生活にも支障が出るケースもあります。

そこで当サイトでは自宅で手軽にホームホワイトニング並の効果が期待出来るホワイトニングテープをおすすめしています^^

ホワイトニングテープは、寝る前に専用のテープを歯に装着して寝るだけ。

これだけで本格的に歯を白くすすることができます^^

刺激も少ないですし、とてもリーズナブルです!

歯医者に行く時間がなかったり費用を抑えたい方にはホームホワイトニング並の効果が自宅で手軽に実施できるホワイトニングテープがおすすめです^^

アメリカでは現在、爆発的な人気となっているホワイトニングテープ!
リーズナブルでもありますので、お試しください^^

⇒ ホワイトニングテープ購入ページ

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。