箕輪はるかの前歯が生き返った方法(現在と昔の比較写真アリ)

箕輪はるかの前歯が生き返った方法(現在と昔の比較写真アリ)

箕輪はるかが前歯の治療にあたったキッカケ

あれっ?ハリセンボンの箕輪はるかさんの前歯がキレイになってる!!!

確か昔は前歯の神経が死んでるから一本だけ黒ずんでたんですよね。
しかも、歯並びも悪かったから余計に目立っちゃて、本人もそれをネタにしちゃっててマジ芸人の鏡でした!

だけど、2015年6月に放送されたTBSの『私の何がイケないの?』の企画で一念発起して前歯の治療にあたったんですね。

なんとも、グルメリポの時に自分が食べてると死んでる前歯のせいで美味しくリポートできないというのが、今回の治療にあたったキッカケになったようです
前歯治療のキッカケが神すぎます(笑)

箕輪はるか現在と昔の写真比較

《昔》
箕輪はるかビフォー

《現在》
箕輪はるかアフター

箕輪はるかが前歯を治療した歯医者

箕輪はるかが歯を治療した歯医者
箕輪はるかさんが前歯の治療でお世話になった歯医者は東京都中央区にある藤見歯科院です。

《藤見歯科院詳細》

住所 東京都中央区銀座1丁目8−21
T E L 03-3535-2022
診療時間 平日:10:00~20:00(13:00~14:00は昼休み)
土曜:10:00~18:00(13:00~14:00は昼休み)
休診日:日曜:祝日
公式ホームページ http://www.fdclinic.com/

箕輪はるかが行った前歯の治療方法

箕輪はるかが行った前歯の治療方法
箕輪はるかさんが前歯の治療で行った方法は歯のブリッジ治療になります。

ブリッジ治療とは、治療したい歯を中心に周辺の歯を削り、その上から人口の歯を被せるという治療法になります。

ブリッジは、インプラントのように一本だけの治療ではなく連なって歯を美しくすることができるのでより自然に歯を整えることができます。

ただ、周辺の歯も一緒に被せる治療になるので、年を重ねて周辺の歯が虫歯や歯茎が弱って抜けるようなことがあると、ブリッジそのものを交換しなければいけなくなるというデメリットもあります。

被せる人口の歯は銀歯やセラミックなど選べますが、箕輪はるかさんはセラミックよりも10倍の強度を持つ人工ダイヤモンドの一種であるジルコニアです。
ジルコニアは強度だけでなく歯の色も自然なものに仕上がります。

箕輪はるかさんの前歯は1本15万円で3本のブリッジになりますので45万円です

神経が死んでいる歯には治療が必要なのか?

今回、箕輪はるかさんは神経の死んでいる歯をブリッジで治療したわけですが、神経が死んでいる歯に治療は必要なのでしょうか。

そもそもなんですが神経が死ぬとはどうゆう状態かと言うと、虫歯が進行すると歯髄まで虫歯菌に侵されて神経は死んでしまいます。
神経が死んでしまった歯は痛みもなくなり、歯に栄養が行き渡らなくなるので昔の箕輪はるかさんのように歯が黄ばむ症状へと繋がります。

また、栄養が行き渡らないので歯がもろくなりせんべいやするめなどの固いものを噛んだ時に歯が縦に割れやすくなります。

なので神経が死んでしまった歯では治療したほうが見た目的にも、後の欠損リスクの観点からも治療してしまったほうが良いわけですね。
治療しなくても痛みはありませんし、問題はありませんが、後に問題が生じてくる可能性は大きいです。

箕輪はるかさんの前歯は神経が死んでそうとう時間が経っていて、前歯を支える骨ももろくなっていてグラグラの状態でした。

前歯の治療に踏み切って正解だったと思います。

箕輪はるかファンから治療後の前歯に対してのツイート

箕輪はるかプロフィール

生年月日 1980年1月1日
血液型 A型
身長 160cm
体重 48kg

箕輪はるかの前歯まとめ

前歯がキレイになってから何度かテレビで箕輪はるかさんを拝見していますが、やっぱりなんか物足りなく感じます。
私だけでしょうか?

確かに昔よりも現在の方が綺麗ではありますが、やっぱり箕輪はるかさんのチャームポイントが一つなくなってしまったような気がしてファンからしたら寂しいですね。

ただ、箕輪はるかさんのもう一つのチャームポイントの出っ歯は健在でした。

これからも新たに箕輪はるかさんが愛用されているグッズや治療法、歯医者の情報などが入りましたら随時更新していきます。