ホワイトニングに保険は使えるの?

ホワイトニングに保険は使えるの?

ホワイトニングに保険は適用されるのか?

残念ながらホワイトニングに保険は適用されません

これは保険の適用範囲の概念である『病気やケガに関する費用の負担』という事に当てはまらないためです。

ちなみに歯医者さんでの虫歯治療や診察には保険が適用されます。
これがホワイトニングが一般的に高額だと言われる所以です。

保険と自費では何が違う?

あまり知られていませんが、国民皆保険制度がある日本では、全国どこの病院、医院でも同じ治療なら同じ費用になります。

患者が支払う額も1~3割負担のみになります。

本来は、一つの病気を一カ所の病院で治療する場合、保険診療と自費診療を同時にすることは認められていません。
これは混合診療と呼ばれる違法行為です。

ただ歯科の場合、患者が希望した場合に限り、歯冠修復(しかんしゅうふく)や欠損補綴(けっそんほてつ)を保険外診療の扱いにするという通則があります。

なので歯医者は患者が希望すれば保険診療の途中でも、ホワイトニングやインプラントなどの自費治療を受けることができます。

自費診療にあたるホワイトニングの価格は、各歯科医院が独自に決めることができます。
同じような器具や施術を行っても価格は変わります。

歯科医院でも自費診療を中心に行っている所と保険診療を中心に行っている所に分けられます。

《自費診療中心の歯科医院の特徴》
◆検査や説明、治療に十分時間をとってもらえる。
◆保険診療の10倍近い金額になることもある。
◆クオリティーの高い治療が受けられる。

《保険診療中心の歯科医院の特徴》
◆自己負担金は国で定められているので安い。
◆患者が望めば自費診療のクラウンやブリッジ、インプラントなどを選ぶことも可能。

よく駅や街などに広告を出稿しているのは自費診療中心の歯科医院ですね。
サービスに力を入れていて、芸能人なども通っているような歯科医院です。

どちらが良いとか悪いとかはありません。

ちなみに日本では虫歯の銀歯にを使用しますが、海外では保険が適用されず数万円から10万円かかります。

実は日本って、保険制度が優れているんです。

保険が効くもの効かないもの

簡単に歯医者さんで行われる治療で保険が効くもの効かないものを分別してみます。

保険が効くもの

  • 虫歯治療
  • 入れ歯
  • 予防歯科
  • 定期検診

保険が効かないもの

  • ホワイトニング
  • 矯正
  • インプラント
  • クリーニング

ホワイトニングに保険は使えるの?まとめ

現在の日本では企業に勤める人が加入する社会保険、それ以外の方が加入する国民健康保険とに分けられます。

どちらの場合も負担額は診療代の三割と決められていて(一昔前は社会保険の自己負担額は二割でした)、その適用範囲の概念は怪我や治療、入院、薬代、診察代などの病院で受ける身体の治療広範囲に適用されます。

一般的に高額だと言うイメージのものは保険が効かない治療に分類されているんではないでしょうか?

もしかしたらこの保険の適用範囲も日本人にホワイトイニングが普及されない原因かもしれません。

ただ、最近では自宅で本格的にホワイトニングができる商品もあるので、歯医者さんに行く時間がない方や、コストパフォーマンスを重視する方は、そうゆう商品を検討してみてもよいでしょう。