なぜ黄色くなるの?歯が変色する原因

そもそもなぜ歯は変色するのでしょうか?

原因が分かれば対策が分かるように、歯の変色の原因を理解して、しっかり自分の歯を守りましょう。

加齢

一般的な歯の変色の原因は加齢によるものだと言われています。

歯の表面は半透明のエナメル質で覆われています。その下に象牙質という黄色い層があります。

象牙質の色は年を重ねるに従って濃くなっていきます。一方、エナメル質の方は少しづつ薄くなっていきます。

なので加齢によって、もともと白いエナメル質が薄くなり、下の黄色い象牙質が徐々に現わになっていくというのが加齢による歯の変色の仕組みです。

食べ物

歯は外側からの着色にも影響を受けます。

その代表的なものは私たちが日々口にしている食べ物(飲み物)です。

歯に色がつきやすいのもとしては、コーヒー、紅茶、日本茶、烏龍茶、赤ワインなどの飲み物。

ぶどう、ブルーベリー、木いちご、カレーなの食べ物も歯に影響を与えます。

これは食べ物に含まれる着色成分が最初歯に付着して汚れなります。それは次第にエナメル質の中に染み込み普通に歯磨きをしただけでは落とせなくなり変色するという仕組みです。

喫煙

タバコに含まれるヤニが歯に付着することによって歯は変色します。

飲み物や食べ物などの変色は自然に黄色っぽく変色するのに対して、タバコによる変色は不自然に黒っぽくなります。

特に、咥えタバコをよくされている方はヤニによる変色を受けやすいと言われています。

タールなどは特に関係なく、タバコ全般が同じように歯に影響を与えます。

余談になりますが、喫煙によって歯茎まで黒っぽく変色します。

それは歯茎の毛細血管に悪影響が生じるためですが、タバコは歯の変色というより、その人の印象にも悪影響を与えかねない大変危険な嗜好品です。

嗜まれる方は、注意してください。

神経

歯の中には神経が通っています。

前歯で一本、奥歯で三から四本の神経が通っています。

虫歯などの治療によってこの神経を抜く時が発生します。

そうすると時間の経過とともに歯に栄養が通わなくなり、歯が茶色っぽく変色します。

大抵の場合神経を抜くと、自然な形で残されている周りの歯と比べて一本だけ不自然に変色するため、かなり目立ってしまいます。

そして変色するだけでなく、神経を抜いた歯は栄養が届かないのでかなり弱くなります。

言い換えると歯がもろくなります。

スルメやせんべいなどの硬いものを食べる時に欠けてしまう恐れもありますが、これとは上手に付き合っていくしかありません。

歯の変色原因を知って対策をする

このように歯の変色といっても様々なケースがあります。

食べ物などによる外側からの影響、神経などの内側からの影響。

ホワイトニングによって人工的に歯を白くするという行為も大切ですが、一番大切なのは歯が変色しないように日々ケアをすることではないでしょうか?

もちろん加齢による変色は避けられませんが、それでもそのスピードを食べ物や日々のブラッシングによって抑えることができます。

当サイトおすすめホワイトニンググッズ
ホワイトニングにはある程度の費用と時間が必要になります。

またホワイトニングによって知覚過敏になってしまったり食事制限が必要だったりと普段の生活にも支障が出るケースもあります。

そこで当サイトでは自宅で手軽にホームホワーとニング並の効果が期待出来るホワイトニングテープをおすすめしています^^

ホワイトニングテープは、寝る前に専用のテープを歯に装着して寝るだけ。

これだけで本格的に歯を白くすすることができます^^

刺激も少ないですし、とてもリーズナブルです!

歯医者に行く時間がなかったり費用を抑えたい方にはホームホワイトニング並の効果が自宅で手軽に実施できるホワイトニングテープがおすすめです^^

1日30分のホワイトニングに興味のある方はご検討ください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめクリニック

ホワイトニング東京アイキャッチ

【口コミあり】ホワイトニング東京が結局コスパ的にNO.1

ホワイトニング東京の口コミ 30代 女性 さんの口コミ 恵比寿駅からのアクセスが良いので方向音痴の私でも迷う事なく行けました。 …

ページ上部へ戻る