子供のホワイトニングにおける危険性

なにかのコンテストやオーディションなどによってお子さんの歯をホワイトニングしてあげたいと考える方も多いと思います。

しかし、少し待ってください。

ホワイトニングと一口に言ってもその種類は様々あります。

詳しくは下記をご覧下さい。

ここでは子供がホワイトニングをする時に注意することをあげておきます。
※ここで言う子供とは乳歯から永久歯に生え変わったばかりの10歳~12歳までを言っています。

子供がホワイトニングをする際の注意点

一般にホワイトニングと言われてるものの中に、歯医者さんで刺激の強い劇薬(過酸化水素)を歯に染み込ませて歯を白くするオフィスホワイトニングと、自宅で自分専用のマウスピースにオフィスホワイトニングより刺激の少ない薬液(過酸化尿素)を歯に染みこませて歯を白くしていくホームホワイトニングがあげられます。

この薬液を使って歯を白くするホワイトニングはどちらも刺激を伴います。

大人であっても使い方によっては知覚過敏になってしまうほどの刺激になります。

一概に子供のホワイトニングは危険というわけではなく、当然ですが乳歯から永久歯に歯が生え変わるタイミングというのは人それぞれです。

なので、ホワイトニングをする際は歯医者さんとその乳歯から生え変わったタイミングも伝えて行う方が安全です。

子供に安全なホワイトニング

短期間で子供の歯を白くしたいなら歯医者さんと相談することが必須になりますが、少し時間はかかりますが市販されている歯磨き粉タイプのホワイトニング剤を使えば刺激を少なく歯を白くすることもできます。

オススメはCMなどで取り上げらているです。

この他に、歯に白いセラミックを被せるホワイトニング手法であるルミネアしょうーズもあります。

これは薬液を使わない芸能人などが使用しているホワイトニングで真っ白い歯にすることができますが、費用もそれなりに高額になります。

しかしこれも子供の歯の成長にもよるところがあるので、歯医者さんに相談する必要はあります。

お子さんの歯を白くして今後の活躍に期待したいのが親心ですが、一番大切なのはお子さんの体ですよね。

歯医者さん、お子さんとよく相談してホワイトニングの仕方を決めてください。

子供の歯を白くするおすすめの方法

ホワイトニングの薬液は子供の身体には少々刺激の強いものです。

そこで子供でも手軽にそれでいてリーズナブルに歯を白くすることができるホワイトニングテープをおすすめしています^^

ホワイトニングテープは寝る時に歯に専用のテープを張って寝るだけ!

通常のオフィスホワイトニングやホームホワイトニングよりも刺激が少なく、同程度の効果が見込めます^^

なお、子供だけでなく大人の方でも歯医者に行く時間がなかったり費用を抑えたい方にはホームホワイトニング並の効果が自宅で手軽に実施できるホワイトニングテープがおすすめですよ^^

⇒ 20回分 クレスト ホワイトプロフェッショナルエフェクツホワイトストリップス 20ct Crest 3D White Professional Effects Whitestrips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめクリニック

ホワイトニング東京アイキャッチ

【口コミあり】ホワイトニング東京が結局コスパ的にNO.1

ホワイトニング東京の口コミ 30代 女性 さんの口コミ 恵比寿駅からのアクセスが良いので方向音痴の私でも迷う事なく行けました。 …

ページ上部へ戻る