白い歯の基本は毎日の歯磨き

白くて綺麗な歯の基本になるのは、日々の効果的な歯磨きです。

いくら小手先のホワイトニングに頼っても日々のケアがしっかり出来ていなければザルで水をすくっているのと一緒です。

是非とも、正しい歯磨きをマスターして日々のケアをしていきましょう。

歯磨き

歯磨きというと食べ物のカスさえとれればよいと考えて取り組んでいる方も多いと思います。

しかしブラッシングで大切になるのは、食べ物のカスを栄養に増殖するプラークを取り除く事になります。
※プラークとは歯の表面に付着した細菌のこと。これが古くなって固まると歯石になる。

ポイント

歯ブラシは歯一本(一カ所)につき二十回くらい小刻みに動かす

汚れを落とそうと力を入れすぎない(力を入れすぎるとプラークが取れなばかりか歯肉を痛めて細菌感染の恐れも出てくる)。

プラークが溜まりやすい、歯と歯肉の境目、歯と歯の間、後ろの面を注意して磨く。

イメージとして歯全体をゴシゴシするんじゃなくて、一本一本を丁寧に磨くイメージ。

歯磨きの理想は毎食後、時間にして十五分くらいかけて磨きましょう。

歯ブラシの選び方

今はたくさんの種類の歯ブラシがあって正直選ぶのに苦労します。

そして結局、色とかデザインで選んでしまいます。

もちろん色とかデザインも大切ですが、一番大切なのは汚れが落ちやすい歯ブラシかどうですよね。

歯ブラシを選ぶ基準

歯ブラシは口の中で動かしやすいように、大きさは親指の幅一本分程度の小さめのほうがよいでしょう。

毛の固さは『普通』でよいでしょう。

今は電動の歯ブラシも出回っていて、それらを使うのも効果的ですが、頼りすぎるのはいけません。

あくまでも補助的なイメージとして電動歯ブラシを使ってください。

電動歯ブラシは一定の効果は期待出来ますが、丁寧に磨く手磨きには適わないのです。

当サイトではMISOKA(ミソカ) をおすすめしています。

歯磨き剤

歯磨き剤もちまたに数多くの種類があります。

この歯磨き剤には関しては、最も効果的なものが存在します。

最も効果的な歯磨き剤

それは以外かもしれませんが唾液です。

唾液には抗菌作用やPHを一定に保つ緩衝作用が働く為歯の表面が溶け出すのを防ぎ、虫歯を予防してくれます。

また歯磨き剤を使うと、歯磨き剤に含まれている清涼剤のおかげできれいに磨けたような気になってしまうのもタチが悪いです。

歯磨き剤に頼らずに、一本一本丁寧にブラッシンする事が大切になります。

ホワイトニング結婚式歯医者がおすすめする歯が白くなる歯磨き粉はこちら

まとめ

歯磨き、歯ブラシ、歯磨き剤を効果的に使う事が白くて綺麗な歯の基本になります。

理想は親指幅の普通の固さの小さな歯ブラシでノンペーストブラッシング(歯磨き剤なしブラッシング)で十五分かけて一本一本丁寧に磨き、最後の仕上げにハーブを含んだ歯磨き剤をつけてもう一度磨く、二度磨きが日々の歯磨きの理想になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめクリニック

ホワイトニング東京アイキャッチ

【口コミあり】ホワイトニング東京が結局コスパ的にNO.1

ホワイトニング東京の口コミ 30代 女性 さんの口コミ 恵比寿駅からのアクセスが良いので方向音痴の私でも迷う事なく行けました。 …

ページ上部へ戻る